安定した収入を得る|不動産投資はプロの力を借りよう|初心者でも安心して行なう方法

不動産投資はプロの力を借りよう|初心者でも安心して行なう方法

安定した収入を得る

男の人

トラブルを防ぐ方法

家賃保証会社を使うのは、連帯保証人が用意できない人でも家を借りやすくするためです。マンションや一軒家を持っている家主にとっても、借り主が多くなるのは良いことです。家賃保証をつけることによって、滞納トラブルを回避することができます。家賃保証会社が、万が一の時は家賃を立て替えてくれますので安心です。もちろん入居者側には督促が行きますが、家主に不利益はありません。家賃保証をつけておくことで多くの人に家が貸せるようになり入居率を高める効果もあります。家賃保証システムは近年になってから出てきたシステムですが、これは連帯保証人が準備しにくくなったことも理由として挙げることができます。親戚づきあいなども減っているからです。

保証を大切にしよう

家賃保証システムは、家賃滞納が起こってから一定期間の間に家賃保証会社に報告を行わなければなりません。そのため家賃が毎月定期的に入金されているかどうか、しっかりチェックをしておく必要があります。もちろんマンション経営などは仕事の一部である人が多いため、家賃の振込日を気にしている人が大半でしょう。すぐに報告をしておけばきちんと家賃保証をしてもらうことができますので、心配もいりません。家賃保証を使えば家主側にとってもトラブルなく家が貸せるので、魅力的なサービスとして人気です。場合によっては連帯保証人とセットで加入してもらうこともできますが、基本的には保証がない人のためのサービスであることが多くなっています。